パソコン関連 雑記

Excel VLOOKUPの進化系!新関数 XLOOKUPの使い方

らいむ
みなさんはExcel好きですか?

2019年8月にExcelの新しい関数が発表されました。
その新しい関数とはタイトルにもあるように「XLOOKUP」です。

一般公開はまだですが、この関数

ココが便利!

VLOOKUP+HLOOKUP=XLOOKUP
なんと縦にも横にもLOOKUPできるんです!

どういうこと?って思いますよね
では、使い方の解説と速攻で使いたいという方のために先行導入方法を紹介します。

XLOOKUPを解説

公式ページと動画

まぁMSさんの公式サイトにも詳しい説明ありますし動画もありますが解説します。
ちなみにその公式動画がコチラです。

XLOOKUPについて解説

まずは、記述を比較してみます。

VLOOKUP

VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, [検索方法])

※数式は G2 のセルに入っています。
 =VLOOKUP(F2,B2:D5,3)


VLOOKUPは、検索値と返り値を含めた範囲(B2:D5)を選択して、返し値のある列番号(3)を指定する。

XLOOKUP

XLOOKUP(検索値, 検索範囲, 戻り範囲, [見つからない場合], [一致モード], [検索モード])

※数式は G2 のセルに入っています。
 =XLOOKUP(F2,B2:B5,D2:D5)


XLOOKUPは、上記の場合 検索の範囲(B2:B5)と、返し値の範囲(D2:D5) をそれぞれ選択

全然違いますね。
その中でも特に注目してほしいのは赤いマーカー引きました。
列番号 と 戻り範囲 です。
つまり

ココがポイント


もう列や行番号を数えなくていい!んです。
この一番右の列番号 ぱっとわかりますか?
XLOOKUPなら求めたい範囲を選択すればいい。
左から1、2、3、4、5・・・列目って、もう数える必要はなくなります。


らいむ
VLOOKUPで説明していますが、HLOOKUPに関しても同様です。
一般公開後はXLOOKUP一択ですね。さらにすごい使い方があるので
ご紹介していきます。

その他、オプションについて興味ある人は

XLOOKUPの超便利な使い方

まずはこちらの動画をご覧ください。

わかりましたでしょうか?
XLOOKUPで「戻り範囲」を複数列指定すると、その選択した範囲をまとめて返してくれます。
これを【スピル】と呼びます。

是非、皆さんもXLOOKUPでスピってください!

注意ポイント

新関数は、2019年11月現在、一般公開されていません。
XLOOKUPを先行して作ったデータを社内で配布するとすべてエラーになりますので気を付けてくださいね。

今後、会社内で「おい、ちょっとココからココまでスピった表作っといて」とかいう指示が飛ぶんでしょうか?
ちなみに、VLOOKUPとHLOOKUPは無くなりませんので今後も使用可能です。

続いては、XLOPUPを先行して使うための導入手順です。
下に続きます。

新しい関数の存在をどこで知った?

世の中には面白い人がいたものです。
エクセレントにっぽんさん(@excellent779
「Excelをこよなく愛する人々」というfacebookグループを運営中。

どうやらこの方、日本中のExcelを愛している人が集う場として
「Excelをこよなく愛する人々」というfacebookグループを運営してるということで
面白そうなので参加してみました。
そこのグループ内で情報としてありました。
近いうちにExcelについて熱く語れる場所となるでしょう!

そのグループはこちらから参加できます。
「Excelをこよなく愛する人々」
※Facebookへのログインが必要です

XLOOPUPが使えるバージョンにする

新しい関数が使えるバージョンか確認

使えるか確認?
そうなんです。まだ一般公開前とのことでこの関数が使えるアップデートが配信されていません。
また、Office365solo または OfficeがプレインストールされているOffice Premiumしか使えません
Office2019でもPremiumであれば使えます

では、その確認方法です。
①Excelを起動して「アカウント」をクリックします。
 

②【Office Insider】という項目はありますでしょうか?
 あれば使えます!やりましたね。
 

 もし、このように【Office Insider】がない場合は使えないです。ごめんなさい。
 

XLOOKUPが使えるバージョンにアップデートしよう

前項目で、使えるバージョンだった方は、新しい関数が使えるバージョンにアップデートします。

step
1
Office Insidersへの参加


「Office Insiders」横のアイコンをクリックして、「Office Insiderに参加(J)」をクリック
バージョンによっては「レベルの変更」かもしれませんがその場合はそれをクリック
 

step
2
Office Insidersへの参加


①「✔ 新規登録してofficeの新しいリリースをいち早く入手します」にチェック
②プルダウンから「Insider」を選択
③「✔ このプログラム・・・・・」にチェック
④「OK」を押す
 

するとこんな感じになります。
 

step
3
Excelを更新する


①「Office Insider」のすぐ上「更新オプション」をクリック
②「今すぐ更新」をクリック
 

③更新が始まりますので終わるのを待ちます。
 

途中指示があったらその指示に従います。
 
 
 

 

step
4
アップデートを繰り返す


STEP2→STEP3を、アップデートがなくなるまで繰り返します。
場合により2,3回アップデートが行われます。

step
5
アップデートを繰り返す


アップデートが終わったら、XLOOPUPを入力してみて
このように解説がでてきたら準備完了です!
 

Special thanks!!

この記事で、お名前を使わせていただいた方のご紹介です。

サートー@更生したブロガーさん

こうすけ@20歳学生ブロガーさん

あっと@夫に貢ぐブロガーさん

もえ@幸せを届ける天使👼さん

-パソコン関連, 雑記
-, , , , , ,